mickeybook

ミトコンドリア活性化の施術@グリグリ&ナレーター。プライベートなみっきー本。

手からエネルギー?!

f:id:mickeybook:20190321000631j:image

 

「あなたは手にエネルギーがあるからグリグリがなくても手だけでも何か出来るけどね」と

言われてきた意味が分かる出来事がーーー!

 


「幼い頃から手のエネルギーで球を作る人」に

出会い、その人の手に直接触れずに手の平と平を合わせてみたら「初めてでよくここまで

ピリピリ出せるね!」と言われた。

 


出そう出そうとしている訳ではない。

自分の手の平でもやってみると秒でピリピリ

して1分もやっていられない。初めての感覚。

 


よくヒーラーさんに「エネルギーが強いから

何とか生きてこられたようなもの」と言われてはいたのだけど、これが「気」というものなのか。

 

「強い、弱い」はあれど、みなさんも

ぜひご自身の「気」を感じてみて欲しい。

 

目に見えないものを「感じる」とは

こういうことなのかと。

 

最近「壊れた細胞を修復する〇〇hz」などを

聴いていると切ない気持ちと共に、ふわあーっと「こころとからだが開く」感じなのだ。

 

なんこれ!面白い!(笑)

気も音も、小宇宙とコネクトしているような、ああなんだろう。←とても喜んでいる

 

冷え性なのにグリグリする時だけは手が熱いし

「手で触れられるのがだめ」というお客様と

ハグした時にも「あなたの手、何?!なんかあるわよ、この私が心地よいなんて」と言われたこともあった。

 

ヒーラーさんに「あなたもヒーラーよ」と

言われても「へ?あたすが?笑」なのだけど

同じ肌感覚の人との化学反応も、

私にとってのグリグリも小宇宙ではある。

f:id:mickeybook:20190321000717j:image

 

「人間の第六感、磁気を感じる能力発見」と

証明された宇宙元旦のこのタイミング。

なんかワクワクするやん。

 

そういえば授業で「ホルストの惑星」を聴いた時

震えるくらい涙が出たんだった!

 

 

 

そこから見えるもの

f:id:mickeybook:20190318212907j:image

 

そこに行かないと見えないものがある。

山を登った高さから見えるもの、

海を潜った深さから見えるもの。

 

そこに行かないと

この目で、肌で感じられない。

 

だから私は息が苦しいとしても

受け入れるんだ。

 

友人からお下がりで頂いた墨絵のような

美しいアクリルパネルも、

実際に見たらイメージよりも大きい。

f:id:mickeybook:20190318212931j:image

近づかないと分からないものがある。

 

 

 

ライターと確定申告

f:id:mickeybook:20190316111145j:image

ライターと確定申告はお年寄りに優しくない。

まずライター。子供が簡単に押せないように

「強くなってる」あれ。逆にお年寄り用のを

作ってもいいのではないかな?と。

 

毎朝お線香に火をつける時、朝から力が出ない。私ならその力は全てグリグリに使いたい(笑)あれ、女の人にはかたいと思う。

 

f:id:mickeybook:20190316111240j:image

 

次に確定申告。

私の後ろにおばあちゃんが並んでいたから

おばあちゃんを先に促したのだけど

「PC使えない人たちはここで待て」的な場所に

追いやられていた。

 

年配の方ばかりで杖を持っている方も多くて。

並ばされた上にまだ待たされてしまう。

 

対応する人数が足りないのも分かるけれど

後回しにしないで、その場で順番通り

やってあげられないものなのかなあ。

 

私がサクサク出来るならやってあげたかった。

ザ、アナログ人間(笑)

 

 

 

 

 

香り袋

f:id:mickeybook:20190306095810j:image

 

今のこの時代に、毛筆で書かれた心のこもった暖かいお手紙に「香り袋」が添えられていた。

 

懐かしく又、なんともその方らしい。

大切にお守りとしよう。

何だか手を繋いでいるかのよう。

 

香りが消えなければいいのに。

そう思いながらお返事用の切手を

走って買いに行った。

 

差し出されたそれは

富士山のきれいな切手だった。

トッケビ

f:id:mickeybook:20190226000117j:image

 

「運命と宿命」「現世と前世」「記憶と忘却」

何度も何度も胸がしめつけられる。

 

切なくなって泣いて、

あったかい気持ちになって又泣いて。

 

もう超大作の映画をずっと観ているかのような、16話のドラマとは思えない作品。 

映像も美しく、衣装もそれぞれおしゃれ。

 

全て見終わると

小旅行が終わってしまうような寂しさ。

 

それはまるで愛しい人と深い時間を過ごした後、ずっと余韻が残って思い出してしまう

ような残り香に似ている。

f:id:mickeybook:20190226000251j:image

亡くなった直後に「現世の記憶を消すお茶」が

出されるのだけど、現世の記憶のまま

来世も探して会いたい人がいたら

飲まないだろう。私なら飲まない。

 

よく「初めて会った気がしない」と言われますがそんな時、きっと前世のどこかで会っているんだろうなと感じます。

 

このドラマは

今があること全てに感謝したくなる、

そんな物語でした。

f:id:mickeybook:20190226000226j:image

 

出逢いも別れも、きっと魂は覚えている。

 

 

 

4分ハグ

f:id:mickeybook:20190223000408j:image

 

カップラーメンのびちゃうよね。

(食べないし買わないけど。笑)

オキシトシンドーパミンが幸福感を増幅

させる」ですって!

 

同性でも良いらしく。

でも4分って実際したら長そうよね??

 

1分でも5分でもなく、なぜ「4分」なのだ。

同性でもちょっと照れくさいだろうね。

でも女性としたいな←え。笑

 

これを見た人が大切な人とハグするといいな。

心から身体から

f:id:mickeybook:20190220000922j:image

 

正直覚悟していたし過ぎ去ったから言える。

半月続いた出血も止まり、結果もガンでは

なかった。

 

「病気」に向き合うと「健康」と向き合い、

「死」について考えたら「生」を考えた。

 

今回検査して思ったこと。(病気に限らず)

 

何かを知ること、分かることで

対応も考えられる。

その「こと、もの、ひと」を

どう受け入れるのか?

まず知ってから答えが出るように。

 

「知らない、分からない」というのは

怖いことなんだなと。

 

そして年齢を重ねて思うのは、

「病を抱えてる人」と向き合うことが

増えて行く。(グリグリもそう)

 

「自分を大切に」

当たり前のように言われている言葉だけれど

向き合うのも無視するのも自分自身だから。

 

大切な人を大切にするには

自分へもそうでないと。

 

私たちの肉体は

「教えてくれること」をやめない。

 

グリグリで、心からも身体からも笑顔になる人を私は増やして行く。